【2024年発電実績】我が家の太陽光発電7kwの発電量を公開!昨年の実績やシミュレーション値と比較してみた。

こんにちは!ハッチです。

我が家では2022年10月に自宅屋根に太陽光発電(長州産業7.14kw)を設置しました。

太陽光発電ってどのくらい発電するのか知りたい!

この記事では、このような方に向けて、我が家の2024年発電量を公開していきます。

また、昨年の実績やシミュレーション値との比較までしています。

  • どのくらい発電するのか?
  • 発電量は劣化していくのか?
  • シミュレーションどおり発電するのか?

“このようなことが気になる”という方は参考にしてみて下さい。

2023年の発電実績はこちらです。

この記事を書いた人
  • 30代会社員、妻(専業主婦)と子ども(3歳)の3人家族
  • 太陽光発電アドバイザー資格保有
  • 住まいは一戸建でオール電化
  • 2022年10月にリフォームローンを組んで太陽光発電を設置
  • 見積もりサイトを使ったことで相場よりも75万円安く設置
  • 保証期間内(15年間)で得られる経済的メリットは約150万円の見込み

太陽光発電で後悔しないために

太陽光発電で後悔した人の多くは“設置費用が割高なことが原因”です。

割高な費用で設置しないためには相見積もりを取ることが必須です。

我が家は見積もりサイトを使って設置費用を抑えることができた結果、

実質負担なしで電気代を安くできています。

太陽光発電で後悔しないためにも、

複数業社から見積もりを取って比較検討しましょう!

\ 我が家が利用した見積サイト /

目次

我が家の太陽光発電の基本情報

まずは我が家の太陽光発電について簡単に紹介します。

設置年月日2022年10月27日
設置場所自宅屋根(片流れ屋根)
太陽光パネル長州産業 Bシリーズ
設置容量7.14kw
パワコン5.5kw(過積載130%)
設置方角南西15度
設置角度2.5寸勾配(14度)

平屋(26坪)の片流れ屋根に設置しています。

太陽光パネルに影がかかるような状況もなく、比較的良い条件での設置となっています。

パネルメーカーは長州産業のBシリーズで一般的なグレードのパネルです。

【2024年】我が家の太陽光発電の発電量実績

それでは、2024年我が家の太陽光発電7.14kwの発電量を公開していきます。

年月発電量
2024年1月603kwh
2024年2月626kwh
2024年3月843kwh
2024年4792kwh
累計2864kwh

2024年1月発電量実績

1月の発電量603kwh
1日の最高発電量31.4kwh
1日の最低発電量2.8kwh
1日の平均発電量19.5kwh
2024年1月発電量実績写真
2024年1月発電量
2024年1月発電量実績カレンダー写真
2024年1月発電量カレンダー

2024年2月発電量実績

2月の発電量626kwh
1日の最高発電量38.9kwh
1日の最低発電量2.5kwh
1日の平均発電量21.6kwh
2024年2月発電量実績写真
2024年2月発電量
2024年2月発電量実績カレンダー写真
2024年2月発電量カレンダー

2024年3月発電量実績

3月の発電量843kwh
1日の最高発電量44.0kwh
1日の最低発電量1.9kwh
1日の平均発電量27.2kwh
2024年3月発電量実績写真
2024年3月発電量
2024年3月発電量実績カレンダー写真
2024年3月発電量カレンダー

2024年4月発電量実績

4月の発電量792kwh
1日の最高発電量44.5kwh
1日の最低発電量1.7kwh
1日の平均発電量26.4kwh
2024年4月発電量実績写真
2024年4月発電量
2024年4月発電量実績カレンダー写真
2024年4月発電量カレンダー

2024年発電実績推移と昨年との比較

2024年の発電実績と昨年との比較をグラフにしてみました。

2024年の月間発電実績と昨年との比較

2024年月ごとの発電実績と昨年との比較グラフです。

昨年と比較すると発電量は少なくなっています。

劣化もあると思いますが、昨年と比較して晴天が少ないのが、大きな要因と思われます。

2024年1日の最高発電量と昨年比較

各月の中で、1日で最も発電量の多かった日のグラフです。

まだ3ヶ月間のデータだけですが、各月で昨年よりも1日の最高発電量は低下しています。

今後も低下の推移を注視してきます。

2024年1日の最低発電量と昨年比較

各月の中で、1日で最も発電量の少なかった日のグラフです。

1月〜3月の最高発電量は右肩あがりだった一方、

最低発電量は右肩下がりになるという意外な結果となりました。

悪天候であっても発電量がゼロになるということは無さそうです。
(雪がパネルに積もった場合は別です)

2024年1日の平均発電量と昨年比較

昨年も同様でしたが、1年の中で、2月から3月にかけてが一番伸び率が高くなっています。

1日の平均発電量は、少ない時期だと20kwh前後、

多い時期だと30kwh前後となっています。

2024年発電量実績とシミュレーションとの比較

太陽光発電を設置する前に業者からからもらったシミュレーションとの比較をしていきます。

発電量シミュレーション画像
発電量シミュレーション画像
スクロールできます
年月実績シミュレーションシミュレーション対比
2023年1月603kwh509kwh118%
2023年2月626kwh575kwh109%
2023年3月843kwh734kwh115%
2023年3月792kwh837kwh95%
累計2072kwh1818kwh114%

4月で初めてシミュレーションを下回ってしまいました。

ただし、設置から現在まででシミュレーション値を下回ったのはこの4月だけです。

まとめ

今回は、我が家の2024年の発電量について公開していきました。

発電量や劣化、シミュレーションとの比較などが気になっていた方は、少しで参考にしていただけたでしょうか。

今後も引き続き記録を続けていきたいと思います。

太陽光発電に関しては、さまざまな情報が飛びかっており、誤った情報もよく見かけます。

全ての情報を鵜呑みにすることなく、正しい情報を見極めることが重要です。

当ブログでは、我が家の実体験をもとに情報発信をしています。

この記事の他にも、家庭用太陽光発電に関して役立つ情報を発信していますので参考にしてみてください。

何か分からないことや、気になることなどあれば、お気軽にお問合せください。

\ 最大3社の見積が完全無料/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代会社員、妻、長女と3人で暮らしています。

2022年に新居を建て、その2ヶ月後に太陽光発電を設置。

我が家の実体験をもとに家庭用太陽光発電について役立つ情報を発信しています。

目次