太陽光発電は儲かる?我が家の売電収入、節約効果と収支結果をブログで公開!

太陽光発電って本当にお得なの?売電収入や電気代、費用対効果を知りたいな。

今回はこのような方に向けて書いてます。

太陽光発電は東京都での義務化や電気代の高騰などで、近年注目が集まっています。

とはいえ、

  • 太陽光発電はつけないほうがいい
  • 太陽光発電をつけて後悔

このような情報を見ると、なんだか太陽光発電って設置しない方がいいんじゃないかなって思ってしまいますよね。

しかしながら、決してそんなことはありません。

我が家の収支結果を見てもらえれば分かると思います。

この記事では太陽光発電にかかる、

  • 収入(売電収入・節約できた電気代)
  • 支出(設置費用・メンテナンス費用)

これらを全て公開しています。

太陽光発電の設置を検討しているという方はぜひ参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人
  • 30代会社員、妻(専業主婦)と子ども(3歳)の3人家族
  • 太陽光発電アドバイザー資格保有
  • 住まいは一戸建でオール電化
  • 2022年10月にリフォームローンを組んで太陽光発電を設置
  • 見積もりサイトを使ったことで相場よりも75万円安く設置
  • 保証期間内(15年間)で得られる経済的メリットは約150万円の見込み

太陽光発電で後悔しないために

太陽光発電で後悔した人の多くは設置費用が高いことが原因です。

割高な費用で設置しないためには相見積もりを取ることが必須です。

我が家は見積もりサイトを使って設置費用を抑えることができた結果、

実質負担なしで電気代を安くできています。

\ 我が家が利用した見積サイト /

目次

我が家の長州産業太陽光発電

我が家の太陽光発電を簡単に紹介します。

設置年月日2022年10月27日
設置場所自宅屋根
太陽光パネル長州産業 Bシリーズ
設置容量7.14kw
パワコン5.5kw(過積載130%)
設置方角南西15度
設置角度2.5寸勾配(15度)

平屋(26坪)の片流れ屋根に設置しています。

太陽光パネルに影がかかるような状況もなく、比較的に太陽光発電に向いた設置状況となっています。

パネルメーカーは長州産業のBシリーズで一般的なグレードのパネルです。

【我が家の太陽光発電】売電収入を公開

我が家の売電収入を公開します。2022年に設置しているので売電単価は17円になります。

スクロールできます
年月
(期間)
売電収入売電量発電量
2022年11月
(10/27〜11/15)
+7,888円464kwh556kwh
2022年12月
(11/16〜12/15)
+7,684円452kwh604kwh
2023年1月
(12/16〜1/17)
+7,599円447kwh653kwh
2023年2月
(1/18〜2/15)
+6,511円383kwh572kwh
2023年3月
(2/16〜3/15)
+10,710円630kwh849kwh
2023年4月
(3/16〜4/17)
+13,226円778kwh990kwh
2023年5月
(4/18〜5/17)
+13,430円790kwh990kwh
2023年6月
(5/18〜6/15)
+10,268円604kwh808kwh
2023年7月
(6/16〜7/17)
+9,962円586kwh826kwh
2023年8月
(7/18〜8/16)
+14,246円838kwh1118kwh
2023年9月
(8/17〜9/17)
+11,781円693kwh978kwh
2023年10月
(9/18〜10/17)
+9,979円587kwh805kwh
2023年11月
(10/18〜11/16)
+9,571円563kwh781kwh
2023年12月
(11/17〜12/17)
+6,715円395kwh623kwh
2024年1月
(12/18〜1/17)
+5,933円349kwh621kwh
2024年2月
(1/18〜2/15)
+5,185円305kwh541kwh
2024年3月
(2/16〜3/17)
+8,925円525kwh803kwh
2024年4月
(3/18〜4/15)
+9,333円549kwh778kwh
2024年5月
(4/16〜5/16)
+11,815695kwh909kwh
累計+180,761円10,633kwh14,805kwh

売電収入は毎月指定した銀行口座に振り込まれます。

我が家が契約している電力会社では、毎月ハガキで売電収入の通知が届きます。

※以下の写真では購入電力量となっていますが、電力会社が我が家から電気を購入したという意味です。

2022年11月の売電収入

  • 売電量 464kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 7,888円
2022年11月売電収入写真
2022年11月売電収入

2022年12月の売電収入

  • 売電量 452kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 7,684円
2022年12月売電収入写真
2022年12月売電収入

2023年1月の売電収入

  • 売電量 447kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 7,599円
2023年1月売電収入写真
2023年1月売電収入

2023年2月の売電収入

  • 売電量 383kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 6,511円
2023年2月売電収入写真
2023年2月売電収入

2023年3月の売電収入

  • 売電量 630kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 10,710円
2023年3月売電収入写真
2023年3月売電収入

2023年4月の売電収入

  • 売電量 778kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 13,226円
2023年4月売電収入写真
2023年4月売電収入

2023年5月の売電収入

  • 売電量 790kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 13,430円
2023年5月売電収入写真
2023年5月売電収入

2023年6月の売電収入

  • 売電量 604kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 10,268円
2023年6月売電収入写真
2023年6月売電収入

2023年7月の売電収入

  • 売電量 586kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 9,962円
2023年7月売電収入写真
2023年7月売電収入

2023年8月の売電収入

  • 売電量 838kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 14,246円
2023年8月売電収入写真
2023年8月売電収入

2023年9月の売電収入

  • 売電量 693kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 11,781円
2023年9月売電収入写真
2023年9月売電収入

2023年10月の売電収入

  • 売電量 587kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 9,979円
2023年10月売電収入写真
2023年10月売電収入

2023年11月の売電収入

  • 売電量 563kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 9,571円
2023年11月売電収入写真
2023年11月売電収入

2023年12月の売電収入

  • 売電量 395kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 6,715円
2023年12月売電収入写真
2023年12月売電収入

2024年1月の売電収入

  • 売電量 349kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 5,933円
2024年1月売電収入写真
2024年1月売電収入

2024年2月の売電収入

  • 売電量 305kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 5,185円
2024年2月売電収入写真
2024年2月売電収入

2024年3月の売電収入

  • 売電量 525kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 8,925円
2024年3月売電収入写真
2024年3月売電収入

2024年4月の売電収入

  • 売電量 549kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 9,333円
2024年4月売電収入写真
2024年4月売電収入

2024年5月の売電収入

  • 売電量 695kwh
  • 売電単価 17円
  • 売電収入 1,1815円
2024年5月売電収入写真
2024年5月売電収入

【我が家の太陽光発電】電気代と節約効果を公開

続いて、我が家の電気代と節約効果を公開します。電気料金単価は変動するので、それに応じて計算しています。

我が家の基本情報
  • 夫、妻、長女(3歳)の3人家族
  • オール電化
  • 蓄電池なし
  • エアコンは我慢せず使用、料理と風呂の湯張りは毎日あり
  • 大手電力会社で契約
  • オール電化向けの料金プラン
  • 2022年10月末に太陽光発電導入
スクロールできます
年月
(期間)
電気代節約できた
電気代
太陽光発電で
まかなった電気量
2022年11月
(10/27〜11/15)
10,011円3,864円
(電気料金単価42円)
92kwh
2022年12月
(11/16〜12/15)
14,255円6,536円
(電気料金単価43円)
152kwh
2023年1月
(12/16〜1/17)
23,684円8,858円
(電気料金単価42円)
206kwh
2023年2月
(1/18〜2/15)
17,344円7,182円
(電気料金単価38円)
189kwh
2023年3月
(2/16〜3/15)
12,113円8,103円
(電気料金単価37円)
219kwh
2023年4月
(3/16〜4/17)
9,792円7,420円
(電気料金単価35円)
212kwh
2023年5月
(4/18〜5/17)
7,727円6,800円
(電気料金単価34円)
200kwh
2023年6月
(5/18〜6/15)
5,941円7,548円
(電気料金単価37円)
204kwh
2023年7月
(6/16〜7/17)
9,186円8,640円
(電気料金単価36円)
240kwh
2023年8月
(7/18〜8/16)
7,212円9,800円
(電気料金単価35円)
280kwh
2023年9月
(8/17〜9/17)
8,112円9,690円
(電気料金単価34円)
285kwh
2023年10月
(9/18〜10/17)
7,199円7,412円
(電気料金単価34円)
218kwh
2023年11月
(10/18〜11/16)
6,102円7,412円
(電気料金単価34円)
218kwh
2023年12月
(11/17〜12/17)
9,226円7,524円
(電気料金単価33円)
228kwh
2024年1月
(12/18〜1/17)
12,871円8,704円
(電気料金単価32円)
272kwh
2024年2月
(1/18〜2/15)
13,271円7,788円
(電気料金単価33円)
236kwh
2024年3月
(2/16〜3/17)
10,881円9,174円
(電気料金単価33円)
278kwh
2024年4月
(3/18〜4/15)
6,838円7,557円
(電気料金単価33円)
229kwh
2024年5月
(4/16〜5/16)
5,407円7,276円
(電気料金単価34円)
214kwh
累計197,172円147,288円4,172kwh

※2023年6月から、基本料金がなくなる代わりに、料金単価が高くなるプランに変更しています。

電気代についてはこちらの記事で詳しくまとめています。

太陽光発電は儲かる?我が家の収支結果を公開

支出を合算した収支結果を公開していきます。

我が家は見積もりサイトを利用し、太陽光発電7.14kwを110万円(補助金10万円込み)で設置しました。

収支は、太陽光発電による収入(売電収入・節約効果)と、支出(設置費用・メンテナンス費用)で計算しています。

こちらは、我が家の太陽光発電に関する支出になります。

支出情報
  • 設置費用 110万円
  • ローン金利 1.4%
  • ローン期間 10年間
  • 支払総額 118万円
  • 月々の支払 9828円
  • メンテナンス費 必要に応じて
スクロールできます
年月
(期間)
売電収入節電効果ローン支払収支結果
2022年11月
(10/27〜11/15)
+7,888円+3,864円
(電気料金単価42円)
−9,828円+1,924円
2022年12月
(11/16〜12/15)
+7,684円+6,536円
(電気料金単価43円)
−9,828円+4,392円
2023年1月
(12/16〜1/17)
+7,599円+8,858円
(電気料金単価42円)
−9,828円+6,629円
2023年2月
(1/18〜2/15)
+6,511円+7,182円
(電気料金単価38円)
−9,828円+3,865円
2023年3月
(2/16〜3/15)
+10,710円+8,103円
(電気料金単価37円)
−9,828円+8,985円
2023年4月
(3/16〜4/17)
+13,226円+7,420円
(電気料金単価35円)
−9,828円+10,818円
2023年5月
(4/18〜5/17)
+13,430円+6,800円
(電気料金単価34円)
−9,828円+10,402円
2023年6月
(5/18〜6/15)
+10,268円+7,548円
(電気料金単価37円)
−9,828円+7,988円
2023年7月
(6/16〜7/17)
+9,962円+8,640円
(電気料金単価36円)
−9,828円+8,774円
2023年8月
(7/18〜8/16)
+14,246円+9,800円
(電気料金単価35円)
−9,828円+14,218円
2023年9月
(8/17〜9/17)
+11,781円+9,690円
(電気料金単価34円)
−9,828円+11,643円
2023年10月
(9/18〜10/17)
+9,979円+7,412円
(電気料金単価34円)
−9,828円+7,563円
2023年11月
(10/18〜11/16)
+9,571円+7,412円
(電気料金単価34円)
−9,828円+7,155円
2023年12月
(11/17〜12/17)
+6,715円+7,524円
(電気料金単価33円)
−9,828円+4,411円
2024年1月
(12/18〜1/17)
+5,933円+8,704円
(電気料金単価32円)
−9,828円+4,809円
2024年2月
(1/18〜2/15)
+5,185円+7,788円
(電気料金単価33円)
−9,828円+3,145円
2024年3月
(2/16〜3/17)
+8,925円9,174円
(電気料金単価33円)
−9,828円+8,271円
2024年4月
(3/18〜4/15)
+9,333円7,557円
(電気料金単価33円)
−9,828円+7,062円
2024年5月
(4/16〜5/16)
+11,815円7,276円
(電気料金単価34円)
−9,828円+9,263円
累計+180,761円+147,288円−186,732円+141,317円

※電気代、売電収入は電力会社の検針日(月の中旬頃)に確定となるため、先ほどの発電量実績とは異なる発電量で計算しています。(先ほどの発電量実績は1日〜月末)

結果としては、発電量の少ない冬時期でもプラスの収支結果となりました。

相見積もりで、相場よりも安く設置できたのが大きいです。

\ 我が家が利用した見積サイト /

太陽光発電は何年で元が取れるのか?

太陽光発電は何年で元が取れるのかということについても見ていきます。

太陽光発電は何年で元が取れるのかということについても見ていきます。

スクロールできます
年月経済効果累計
(売電収入、節電効果)
回収費用残高
(初期費用、メンテナンス費)
2022年10月
設置開始
0円1,180,000円
2022年11月
(1ヶ月目)
+11,752円−1,168,248円
2022年12月
(2ヶ月目)
+25,972円−1,154,028円
2023年1月
(3ヶ月目)
+42,429円−1,137,571円
2023年2月
(4ヶ月目)
+56,122円−1,123,878円
2023年3月
(5ヶ月目)
+74,935円−1,105,065円
2023年4月
(6ヶ月目)
+95,581円−1,084,419円
2023年5月
(7ヶ月目)
+115,811円−1,064,189円
2023年6月
(8ヶ月目)
+133,627円−1,046,373円
2023年7月
(9ヶ月目)
+152,229円−1,027,771円
2023年8月
(10ヶ月目)
+176,275円−1,003,725円
2023年9月
(11ヶ月目)
+197,746円−982,254円
2023年10月
(12ヶ月目)
+215,137円−964,863円
2023年11月
(13ヶ月目)
+232,120円−947,880円
2023年12月
(14ヶ月目
+246,359円−933,641円
2024年1月
(15ヶ月目)
+260,996円−919,004円
2024年2月
(16ヶ月目)
+273,969円−906,031円
2024年3月
(17ヶ月目)
+292,068円−887,932円
2024年4月
(18ヶ月目)
+308,958円−871,042円
2024年5月
(19ヶ月目)
+328,049円−851,951円

シミュレーション予想としては8年数ヶ月で回収できるようになっています。

まだ設置して間もないですが、現在のところまで、シミュレーションよりも多く発電しているので、予想よりも早く元が取れる可能性があります。

費用回収まで長いですが、こちらも毎月更新していきます。

まとめ:太陽光発電は経済的メリットあり

収支結果で分かるように太陽光発電は経済的メリットがあります。

特に最近は電気代が高騰しており、太陽光発電による節電効果というのはより大きくなってきています。

しかしながら一方で、太陽光発電を設置して損したという人がいるのも事実です。

得する人と損する人の違いは、きちんと自身で情報を集めて計画的に設置しているかということです。

業者の言うこと鵜呑みにすることなく、複数業者と比較して最適な条件で設置することが大事です。

毎月の収支をプラスにするには、相見積もりと取って初期費用を抑えることが重要です。

いろんな情報が溢れている時代だからこそ、何が正しい情報なのか見極めることが大事かと思います。

発電量実績や収支結果については随時更新していきますが、その他にも太陽光発電に役立つ情報をブログで発信していますので、良かったら他の記事も読んでみて下さい。

\ 我が家が利用した見積サイト /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代会社員、妻、長女と3人で暮らしています。

2022年に新居を建て、その2ヶ月後に太陽光発電を設置。

我が家の実体験をもとに家庭用太陽光発電について役立つ情報を発信しています。

目次