【2024年最新】我が家の家庭用太陽光発電見積書をブログで公開。おどろきの設置費用になった!

こんにちはハッチです。

太陽光発電ってどのくらいの価格で設置できるの?

太陽光発電に関して、このような疑問を持っている方もいるかと思います。

そこで今回はそんな方に向けて、以下の内容で記事を書きました。

実際に契約した業者の見積もりや、その他の業者との見積もりなど“リアルな情報”をできるだけ詳しく書いています。

太陽光発電の設置を検討している方は、ぜひ参考にしてみて下さい

この記事を書いた人
  • 30代会社員、妻(専業主婦)と子ども(3歳)の3人家族
  • 太陽光発電アドバイザー資格保有
  • 住まいは一戸建でオール電化
  • 2022年10月にリフォームローンを組んで太陽光発電を設置
  • 見積もりサイトを使ったことで相場よりも75万円安く設置
  • 保証期間内(15年間)で得られる経済的メリットは約150万円の見込み

太陽光発電で後悔しないために

太陽光発電で後悔した人の多くは“設置費用が割高なことが原因”です。

割高な費用で設置しないためには相見積もりを取ることが必須です。

我が家は見積もりサイトを使って設置費用を抑えることができた結果、

実質負担なしで電気代を安くできています。

太陽光発電で後悔しないためにも、

複数業社から見積もりを取って比較検討しましょう!

\ 我が家が利用した見積サイト /

目次

【2024年度】家庭用太陽光発電の設置費用相場価格

こちらは経済産業省の調達価格等の資料になります。

画像だと見えにくいと思うので、相場価格を表にまとめています。

経済産業省が公表している太陽光発電相場価格画像
画像引用:経済産業省
年度相場価格
2021年度27.5万円
2022年度25.9万円
2023年度25.9万円
2024年度25.5万円

経済産業省によりますと、2024年度太陽光発電の相場価格は25.5万円となっています。

例えば、5kwの太陽光発電を相場価格で設置した場合、

25.5万円 ✖️ 5kw = 127.5万円

となります。

相場価格は1kwあたりの価格で出されており、

太陽光発電設置費用総額 ➗ 設置容量 = 1kwあたりの価格

これで出せます。

相場価格は、太陽光パネルだけでなく、その他機器、設置工事費など太陽光発電設置にかかる全ての費用です。

同じ業者でも、パネルメーカー、設置容量、工事内容、などによっても1kwあたりの価格は変わってくるので、あくまで参考程度にしておいた方が良いです。

相場と聞くと、その価格なら良いように感じますが、個人的には相場価格は高いのではないかと思います。

Twitterでとったアンケートでもこのような結果となっています。

太陽光発電設置費用に関するアンケート結果画像

このアンケートでは、73%の方が相場価格より安く設置していることがわかります。

このように、SNSなどで情報収集している方の多くは相場より安く設置しています。

しかし一方で、相場よりも高い金額で設置してしまう方もいます。

太陽光発電で経済的メリットを得るためには、初期費用がとても重要となってきます。

もちろん、価格だけが全てではありませんが、設置費用が安いほど、経済的リスクは少なくなります。

初期費用を早く回収できれば、その分多くの売電利益を得られ、無料の電気を使い続けることができるのです。

わが家の太陽光発電見積もりと設置費用を公開

それでは、太陽光発電設置費用の見積もりと設置費用を公開していきます。

我が家では見積もりサイトを利用して複数社から見積もりを取りました。

契約した見積もりについては後で詳しく書いています。

今回、見積もりを取るにあたって、太陽光パネルメーカーと設置容量について以下の希望を伝えてます。

  • Qセルズ
  • カナディアンソーラー
  • 長州産業
  • 設置容量5〜8kw前後

こちらのメーカーと設置容量を選んだ理由については、また別の記事で書きます。

合計で5社から見積もりを取ることができました。

スクロールできます
業者設置容量価格kw単価
A社Qセルズ  6.39kw
カナディアンソーラー  6.0kw
長州産業  6.12kw
Qセルズ  143万200円
カナディアンソーラー  147万4200円
長州産業  143万200円
Qセルズ  22.4万円
カナディアンソーラー  23.9万円
長州産業  23.4万円
B社長州産業  7.14kw長州産業  128万円長州産業  17.9万円
C社長州産業  8.16kw長州産業  170万5000円長州産業  20.9万円
D社カナディアンソーラー  5.625kw
長州産業  5.1kw
カナディアンソーラー  121万円
長州産業  112万円
カナディアンソーラー  21.5万円
長州産業  22.0万円
E社Qセルズ  6.39kw
カナディアンソーラー  6.75kw
長州産業  6.12kw
Qセルズ  120万円
カナディアンソーラー  120万円
長州産業  120万円
Qセルズ  18.8万円
カナディアンソーラー  17.8万円
長州産業  19.6万円

価格は様々でしたが、どの業者やパネルメーカーでも先ほどの相場価格25.9万円と比べて安いのが分かると思います。

特にB社、E社に関しては、最初の見積もりから、kw単価17万円台というかなり安い見積もりでした。

そこから各業者と価格交渉を行い、その結果、C社と契約することになりました。

C社に決めた理由は以下のとおりです。

C社に決めた理由
  • C社が最安値となった
  • 保証が充実していた
  • 自治体の補助金もらえる業社だった

そして、こちらがC社の詳しい見積もり内容になります。

太陽光発電のメーカーは長州産業で設置容量は7.14kwです。

工事に関して特に追加費用などなかったので、このままの金額が設置費用となりました。

太陽光発電設置見積書画像
C社の見積書画像

太陽光パネルは、平屋の片流れ屋根(ガルバリウム合板)の上に設置します。

見積書には書かれていませんが、保証内容は以下のとおりです。

保証内容
  • システム保証  15年(メーカー)
  • 出力保証 25年(メーカー)
  • 自然災害保証補償 15年(施工業者)
  • 施工保証 10年(メーカー、施工業者)

初期費用と並んで保証内容もとても重要なので、しっかりと確認しておいた方がいいです。

総額は業者の都合上、120万円ピッタリにできないみたいで(理由はよく分かりませんが)、1円少なくなっていますが、120万円として考えていきます。

これに加えて我が家の住んでる地域では、自治体から補助金が10万円出るので、実質110万円となります。

1kwあたりの単価を計算すると、

110万円(総額) ➗  7.14kw(設置容量) = 15.4万円

このようになります。

仮に7.14kwを相場価格で設置したとすると、総額は185万円となり、その差はなんと75万円になります。

我が家は、太陽光発電に詳しい知り合いもいないし、価格交渉が上手いというわけでもありませんが、このくらいの設置費用にすることができました。

価格交渉など多少の手間はかかりますが、相場価格よりも安く設置することは誰でも可能です。

\ 我が家が利用した見積サイト /

太陽光発電で失敗しないためには

太陽光発電で失敗しないためには、初期費用を安く抑えることが必要です。

そのためにも、業者選びというのが大事になってきます。

太陽光発電を設置しようと思った場合、以下のようなルートから業社を探すと思います。

  • 住宅会社
  • 訪問販売
  • 店舗(家電量販店、ホームセンターなど)
  • 見積もりサイト
  • 自身で探す

では、どこで探して検討するのがいいのか。

おすすめは見積もりサイトです。

ただし、住宅会社のキャンペーンなどで安く設置できる場合は、そちらにするべきです。(一条工務店の太陽光発電、蓄電池セットみたいにかなり安いものは、設置しないと損です。)

訪問販売や家電量販やホームセンターなど店舗は、一見すごくお得なように説明されていますが、には支払い総額は高いケースが多く、場合によっては設置して損する可能性があるので特に注意が必要です。

見積もりサイトを勧める理由は以下のとおりです。

おすすめ理由
  • 相場価格よりも安い見積もりを提示してもらえる
  • 相見積もりで複数社から検討できる
  • 業社が価格交渉に慣れているため、交渉しやすい
  • 見積もりサイトの審査基準をクリアした業社のみが登録されているので悪徳業者は排除されている

しかし、見積もりサイトというと

しつこく電話がかかってきたり、変な業者を紹介されるんじゃない?

このようなイメージを持っている方もいるかと思います。

我が家も最初はそんなイメージでした。

しかし実際に利用してみたところ、しつこい営業も全くなく、利用しておいて良かったです。

もちろん良いことばかりではありません。

複数の業者とのやり取りや価格交渉など多少の手間がかかります。

しかし、その手間を惜しんでしまうと、適正価格より高い金額で太陽光発電を設置してしまうリスクがあるのです。

無料で利用ができ、簡単に断ることもできるので、見積もりだけでも取ってみることをおすすめします。

\ 我が家が利用した見積サイト /

まとめ

現在、物価高騰の影響などを受け、太陽光発電設備も値上がり傾向にあり、また、売電単価も年々下がってきているので、設置を検討している方はできるだけ早めにした方がいいです。

ただそのような状況でも、初期費用を安くできれば、太陽光発電は十分経済的メリットを得ることができます。

我が家の収支結果を見ていただけたらわかると思います。

先ほどの見積もり価格と保証内容を見て分かるように、保証期間内に初期費用を回収できるので、経済的リスクはかなり低いです。

「売電単価が下がっているから太陽光発電を設置するメリットはない」なんて情報もたまに見かけますが、決してそんなことはありません。

今後も太陽光発電についての記事を書いていきますので、太陽光発電の設置を検討している方は我が家のブログを参考にしてみて下さい。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代会社員、妻、長女と3人で暮らしています。

2022年に新居を建て、その2ヶ月後に太陽光発電を設置。

我が家の実体験をもとに家庭用太陽光発電について役立つ情報を発信しています。

目次