0円ソーラーのからくりとデメリットを解説。知らないで導入すると後悔してしまうかも。

太陽光発電ってどのくらいの価格で設置できるの?

一見するとお得に見える0円ソーラー。

「しかし、そこに落とし穴はないのだろうか」

このように疑問に感じる方も多いはずです。

当然ながら、業者も利益が出なければ0円ソーラーなんてやらないはずです。

この記事では、以下の内容で0円ソーラーについて解説しています。

0円ソーラーが気になっているという人はぜひ参考にしてみて下さい。

この記事を書いた人
  • 30代会社員、妻(専業主婦)と子ども(3歳)の3人家族
  • 太陽光発電アドバイザー資格保有
  • 住まいは一戸建でオール電化
  • 2022年10月にリフォームローンを組んで太陽光発電を設置
  • 見積もりサイトを使ったことで相場よりも75万円安く設置
  • 保証期間内(15年間)で得られる経済的メリットは約150万円の見込み

太陽光発電で後悔しないために

太陽光発電で後悔した人の多くは“設置費用が割高なことが原因”です。

割高な費用で設置しないためには相見積もりを取ることが必須です。

我が家は見積もりサイトを使って設置費用を抑えることができた結果、

実質負担なしで電気代を安くできています。

太陽光発電で後悔しないためにも、

複数業社から見積もりを取って比較検討しましょう!

\ 我が家が利用した見積サイト /

目次

0円ソーラーの種類と特徴

0円ソーラーの主な種類は次の2つです。

0円ソーラーの主な種類
  • リースタイプ
  • 電力販売タイプ

この他に屋根貸しという形態もありますが、現在はほとんどなくなっています。

リースタイプの0円ソーラー

リースは簡単にいうと、「無料で設置するけど契約期間中は定額のレンタル料金を払ってね」というものです

リースのメリット・デメリットは次のとおりです。

メリットデメリット
初期費用がかからない
契約期間中はメンテナンス費用がかからない
契約期間後は太陽光発電をもらえる
ローンを組まなくてもいい
契約期間が長い
割高となるケースがある
途中解約すると違約金を取られる
メーカーを選べない場合がある

電力販売タイプの0円ソーラー


画像引用元:再エネスタート 環境省

電力販売は簡単にいうと、「契約期間中は発電した電気は事業者のものだけど、その代わり発電した電気は安く売ってあげますよ」というものです。

メリットデメリット
初期費用がかからない
月々の費用がかからない
契約期間中はメンテナンス費用がかからない
ローンを組まなくてもいい
契約期間が長い
電気代は大して安くならない
審査が厳しい
契約期間中は蓄電池などを自由につけれない

購入と0円ソーラーの比較

購入と0円ソーラーの比較です。

スクロールできます
項目購入リース電力販売
所有権自身事業者事業者
初期費用自身負担事業者負担事業者負担
発電した電気自身自身事業者
売電収入自身自身事業者
メンテナンス自身事業者事業者
契約期間なし10~15年10~20年
月々の支払いローンの場合はあり毎月定額支払いなし

事業者によって契約内容に若干の違いなどはありますが、おおむねこのようになっています。

0円ソーラーのカラクリ

0円ソーラーって魅力的に見えるけど業者の利益がないとしないはずだよね。どういうカラクリなの?

0円ソーラーは業者もしっかり利益が出ています。そのカラクリを解説していきますね。

①初期費用が0円のカラクリ

初期費用は0円ソーラー業社が負担しています。

その費用は当然ながら回収して、さらには利益を出す必要があります。

リースタイプの場合

0円ソーラー(リースタイプ)の利益が出るからくり図解
リースタイプの利益図解

①初期費用 < ②リース代

リースタイプの場合、0円ソーラー業社はこのようにして利益を確保しています。

電力販売タイプの場合

0円ソーラー(電力購入タイプ)の利益が出るからくり図解
電力販売タイプの利益図解

①初期費用 < ②電気代(太陽光使用分)、③売電金

電力販売タイプの場合、0円ソーラー業社はこのようにして利益を確保しています。

②メンテナンス・修理費が無料のカラクリ

万が一故障しても0円ソーラー業社が無料で修理してくれるからお得じゃない?

実はメンテナンス・修理費無料にもカラクリがあります。

メンテナンス・修理費無料のカラクリは、メーカー保証です。

太陽光発電は、耐久性が高いことに加えてメーカー保証が充実しています。

万が一の故障してもメーカー保証があるので、0円ソーラー業者も負担なしで修理できます。

以下は我が家が設置している太陽光発電メーカー、長州産業の保証です。

太陽光発電メーカー保証(長州産業)
太陽光発電メーカー保証(長州産業)
太陽光発電メーカー補償(自然災害補償)
太陽光発電メーカー補償(自然災害補償)
メーカー保証
  • 出力保証 25年
    太陽光パネルの出力を保証するもの
  • 機器保証 15年
    太陽光発電を構成する機器を保証するもの
  • 施工保証 10年
    施工不良による雨漏れなどを保証するもの
  • 自然災害補償 15年
    自然災害による故障を補償するもの

メーカー保証がこれだけあります。

つまり、自身で購入した場合であっても、修理費は基本的にかからないようになっています。

0円ソーラーの3つのデメリット

リースタイプ、電力購入タイプそれぞれ、特徴や、メリット・デメリットがあります。

その中でも0円ソーラーに共通するデメリットは以下の3つです。

これらのデメリット知った上で検討した方がいいです。

購入と比較して経済効果が少ない

我が家では7.14kwを120万円でローンを組んで購入しています。

同じ設置容量で、リース、電力購入で契約した場合を以下の条件で比較してみます。

比較条件
  • 設置容量 7.14kw
  • 年間発電量 8000kwh
  • 売電単価 16円
  • 買電削減単価 35円(再エネ賦課金、燃料費等調整額を含む)
  • 購入費用   129万円(利息込み)
  • メンテナンス費 10万円(10年間で)
  • リース契約:リース代 1kwあたり2200円
  • 電力購入契約:電気代削減効果 10%
  • 太陽光設置前の電気代 15000円
  • 電気使用料 500kw(オール電化想定)
  • 売電と自家消費の割合 7:3
  • ローン、リース契約期間 10年
スクロールできます
項目購入リース電力販売
月々の支払い−9828円−15708円なし
メンテナンス費
(10年間)
−100000円なしなし
支払い総額
(10年間)
−1,39,0000円−1,884,960円なし
売電収入
(10年間)
+896,000円+896,000円なし
電気代削減効果
(10年間)
+840,000円+840,000円+1500円
経済メリット
(10年間)
+346,000円−14,8960円+180,000円

10年間の結果としては購入するのが一番得となり、次いで電力購入、リースという順番になしました。

これはあくまでシミュレーションなので、我が家の実績を紹介します。

↓こちらは我が家の1年間の実績です。(2022年10月27日〜2023年10月26日)

我が家の太陽光発電の実績(1年間)
我が家の太陽光発電1年間の実績
年間売電収入
(単価17円)
+126,633円
年間ローン支払い−117,936円
自宅で使った電気量6326kwh
電力会社から
購入した電気量
3555kwh(59%)
太陽光でまかなった電気量2571kwh(41%)

売電収入とローンを差し引いても年間+5,384円となり、さらに電気購入量を41%削減できているのです。

このように、購入ではありますが、実質0円で電気代を安くできているのです。

リースタイプの場合だと実質負担はありますし、電力販売タイプではここまで電気代を安くすることはできません。

メーカー保証が切れた後に無償譲渡される

ほとんどの場合、0円ソーラーの契約期間は10〜20年となっています。

10年契約なら良いのですが、15年を超える契約の場合、メーカー保証が切れた状態での譲渡となります。

太陽光発電の中で最も故障しやすいのが、パワーコンディショナー。

寿命は10年〜20年と言われています。

多くのメーカーで、パワーコンディショナーの保証は15年(機器保証)となっています。

仮に15年契約で無償譲渡された直後に故障した場合、いきなり20〜30万円程度の費用がかかってきます。

必ずしも0円とは限らない

0円ソーラーのメリットは基本的に初期費用がかからないようになってます。

しかし、必ずしも0円になるとは限りません。

注意が必要なのが、標準工事0円というところです。

逆に言えば、「標準以外の工事費はかかります」ということです。

業社によって違いはありますが、設置するための足場代は標準外というところもあります。

その費用を月々の費用に当てられれば初期費用0円にはなりますが、支払い総額は高くなってしまいます。

最もお得なのは購入だけど注意が必要

先ほどの結果で、経済的効果が最も高いのは購入だということが分かりました。

しかし0円ソーラーの方がお得になるケースもあります。

特に訪問販売などで割高に購入してしまうと、0円ソーラーの方がお得となります。

結局のところ、どちらがお得になるのかは購入価格次第なのです。

安く購入するのは難しいと思う方もいるかもしれませんが、実はそうでもありません。

実際に我が家では、太陽光発電に詳しい知り合いもいないし、価格交渉が上手いというわけではありませんが、見積もりサイトを使ったことで、1kwあたり16.8万円で購入することができました。

0円ソーラーが気になっている方も、見積もりだけでもとってみることをおすすめします。

この他にも太陽光発電に関する記事を書いていますので、設置を検討している方はぜひ参考にしてみて下さい。

\ 我が家が利用した見積サイト /

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

30代会社員、妻、長女と3人で暮らしています。

2022年に新居を建て、その2ヶ月後に太陽光発電を設置。

我が家の実体験をもとに家庭用太陽光発電について役立つ情報を発信しています。

目次